ゲームの他言語版や国際版の制作と発行

1. HIKARI FIELDにはプロの翻訳チームがあり、日本語を中国語簡体字、中国語繁体字、英語、韓国語などの言語に丁寧かつ適切に翻訳することができる。その翻訳チームには優秀な翻訳スキルを持っているほか、すでに10年以上の日本のエンターテイメントコンテンツを翻訳する経験がある。中華圏(中国大陸、香港、台湾)で正式に発売された10つのギャルゲームの中国語翻訳は全部この翻訳チームが翻訳を担当している。

2. HIKARI FIELDには優れた技術チームがある。ゲーム制作やゲーム実行環境の改良だけではなく、必要に応じて独自なツールを開発するこのもできる。その技術力を持っているなら、ゲームの移植は言語変更も完全に独自にできる。

3. HIKARI FIELDには優秀な営業チームがあり、海外でゲームの宣伝やプロモーションをやることができる。その上に従来からある紙媒体とウェブメディアをうまく組み合わせることができ、これからの業界の変化への対応を自在にできる。

ゲームの移植と発行

1. HIKARI FIELDには自社で開発したゲームエンジンを所有している。このゲームエンジンは現在最も人気と消費力を誇るIOSに向けて開発されたもので、ゲームの正常実行を保証する機能だけではなく、タッチ操作やポータブルデバイスに特化した機能も備えている。その上に異なるデバイスに対して自身を最適化して、そのデバイスで一番優秀なゲームエフェクトを作り出すことも可能。これによって、プレイヤーは家でも外でも移動中でも、どこでも最高なゲーム体験を手に入れる。

2. HIKARI FIELDにはゲーム機、PCなどでのゲームソフトをIOSに移植する技術を持っている。ゲーム本来の体験をそのまま保った上、さらにポータブルデバイスに特化して体験を上昇させることができる。移植を担当する技術チームは10年以上ゲーム移植に関する仕事をしていて、移植に対して長年の経験を所有している。

3. HIKARI FIELDはモバイルゲームの発行においてグローバルな宣伝、発行することが可能。一番ポテンシャルな中華圏(中国大陸、香港、台湾)だけではなく、韓国、東南アジア、アメリカなどにも優秀な協力会社があって、日本のゲームを世界中の人たちに届くことができる。

グッズの設計、生産、販売

1. HIKARI FIELDのグッズ生産・販売チームは2010年から中国でアニメ、コミック、ゲーム関係のグッズ設計、生産、販売を始めて、変化の激しい中国マーケットには独特な理解があって、複数の中国のグッズ生産会社ともいい関係を長年にわたって築いている。

2. HIKARI FIELDの販売チームは中国のいろんな発行会社や販売会社と協力したことがある。中国各地方で開催したアニメ、コミック、ゲーム関係の展覧会や即売会でグッズを販売したこともある。その上に中国の一番大きいネット通販サイトTAOBAOでの直接販売や大型販売会社との協力販売した経験もある。

海外でのイメージと宣伝ポリシー

1. HIKARI FIELDのコアとなるチームは中国から来た日本の二次元サブカルチャーに興味のある人たちによってつくられた。この人たちはウェブサイト、掲示板、雑誌などの手段を使って中国マーケットに10年以上活動していた。その過去を持っているからこそ、HIKARI FIELDは中国市場や中国のプレイやーに対する理解は他の同類企業よりさらに一層深いという自信がある。

2. HIKARI FIELDは中国市場に対して大量なマーケティングデータを所有している。このデータを持って、日本のアニメやゲームに関する生産と発行事業に平坦な道を切り開くことができる。さらにその上に、大量な潜在的なユーザーを発掘することも可能。

3. HIKARI FIELDには中国で強い影響力を持つSNS:Weibo、WeChatでの運営、宣伝能力を持っている。アニメ、コミック、ゲームに関する日本会社の代理として、Weibo、WeChatでの宣伝することによって、中国での知名度を上げることも可能。

会社概要

基本情報

社名:株式会社 HIKARI FIELD
設立:2016年7月1日
所在地:東京都葛飾区高砂六丁目
資本金:八百万円
HP:hikarifield.com

名前の意味

「HIKARI」は光、「FIELD」は英語の領域の意味。HIKARI FIELDはつまり「光の領域」。 光とは当社にとっていろんな意味合いを持っていて、経済利益でありながら、誰もが求める理想的な信念でもある。 領域は会社自身であり、同じく「光」を求めている人たちが集まった団体である。 この団体がどこに行こうとしても、その行く先は「光の領域」になることを信じている。

沿革

当社は中国人によって創設されて、日本のエンターテイメントを中国で広める仕事に前から力を入れていた。 当社代表取締役は2002年から同人サークルを立て上げて、サークルの管理人として日本のサブカルチャー領域に活動をしていた。 その後2006年から2010年の間で、中華圏(中国大陸、香港、台湾)で正式に発売された10つのギャルゲームの中国語翻訳、移植及び宣伝に参加していた。 2015年に中国で会社を設立して、マルチプラットフォームに置いての移植技術を研究していて、2016年7月にて日本で起業。

参加したプロジェクト

参加したタイトル一覧:

てんたま Windows中国語簡体字版
Memories Off #5 とぎれたフィルム Windows中国語簡体字版 中国語繁体字版
Memories Off 〜それから again〜 Windows中国語簡体字版
Memories Off Duet Windows中国語簡体字版
Separate Hearts Windows中国語簡体字版 中国語繁体字版
想いのかけら -Close to- Windows中国語簡体字版 中国語繁体字版
Remember11 -the age of infinity- Windows中国語簡体字版
Iris 〜イリス〜 Windows中国語簡体字版 中国語繁体字版
Monochrome Windows中国語簡体字版 中国語繁体字版
メモリーズオフ6 〜T-wave〜 Windows中国語簡体字版 中国語繁体字版

ビジョン

当社は現在の業務に基づいて、オリジナルアドベンチャーゲームの制作や販売に向けて業務を展開しながら、 二次元サブカルチャーに関するイベント、テーマカフェなど、これまで経験したことのない分野にも足を踏み入れてみたい。

お問い合わせ